言葉が足りない

不親切は通用しなくなるのではないかという話です。

昨日自動車販売会社の前を通ると「決算」とだけ大きく書いた紙が4枚貼ってありました(しかも手書き)。「決算大売出し」とか「決算セール」などはよくありますが、単に「決算」(しかも手書き)というのはあまり見たことがありません。これを見て何か心の中に違和感を感じました・・・。(しかも手書きだし。)

意味としては「決算で売上が欲しいから、車を安く売りますよ。お得ですよ!」ということなのでしょう。しかし文字数を絞りインパクトを狙ったことで、とても不親切な状態になっていると感じました。

このまま「決算」のみですと、こちらは「それでどうしたんですか?」という気持ちになります。「決算」というのは販売側の事情ですし、実際に車を買うユーザー側には別にどうでもよい話です。必要なのは「セール」という情報なのですから。

ですから私としては、せめて「決算セール」ぐらいにした方がいいのではなどと考えてしまいます。実際、今若い人は車を買いませんし、今後はますます購買層は上がっていくはずです。ユニバーサルデザインではありませんが、「決算」と書いて「セール」の想起を期待するような「わかるでしょ?」「わかってるよね?」的なものは、今後どんどん通用しなくなっていくのではないかなあと思います・・・。

・・・仕事柄、目の前に居る人に親切にすることを旨としていますので、他業種の不親切を見るとつい噛みついてしまいます。心が狭いでしょうか?

けっさん
プロフィール

こもれびの郷

Author:こもれびの郷
特別養護老人ホーム こもれびの郷のブログです。施設での様子をお伝えします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR