FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連続テレビ小説

こもれびの郷のように高齢者が多く住まわれている場所では、NHKが大人気です。
先日までは相撲に白熱していましたが、やはり人気なのは「朝の連続テレビ小説」です。

先日までは「花子とアン」が放送されていました、朝見て、昼見てと本当によくご覧になっています。
職員でも見ている人がおり、これも職場でさんざん見せられている影響かもしれません。

私もその一人で、連続テレビ小説が大好きです。
そんな私は先日、朝日新聞のコラムに面白い記事を見つけました。

NHKの人が言ったのではないのですが、テレビ評論家の人が連続テレビ小説には2つのパターンがあるというのです。
曰く、完全に視聴率を取りに行く「花子とアン」や「梅ちゃん先生」のような王道型。そして「あまちゃん」や「純と愛」みたいな試験型だそうです。なるほど、これは頷けるとその記事に感心しました。

しかし、私はもう一つの括り方があるなと思いました。

それは、「ゲゲゲの女房」の松下奈緒、「花子とアン」の吉高由里子みたいな豪華版と、それに対する「てっぱん」のあの子や「ウエルかめ」のあの子のような廉価版の二つの分け方です。新しい「マッサン」はこちらの系譜のような気がします。「廉価版」の場合、ドラマの世界に入って行く最初の頃の視聴が辛くって困る場合が多々あります。しばらく苦労しそうです。


スポンサーサイト
プロフィール

こもれびの郷

Author:こもれびの郷
特別養護老人ホーム こもれびの郷のブログです。施設での様子をお伝えします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。