FC2ブログ

西多摩の未来

西多摩地区の特養施設の有志が集い、今後の西多摩地区の高齢者福祉について語る会がありまして参加して参りました。

現在目の前にある問題としては、西多摩地区の高齢者施設の稼働率低下の問題があります。この問題には、サービス付き高齢者住宅の増加や医療病床の改革などによる利用者争奪戦が始まっているという背景があります。さらに行政が「わかりやすい政策」として箱物施設を都区内に増設していることも関係があります。

参加の皆さんの意見を聞くと・・・

・かつて行政の政策として多摩地区には多くの高齢者施設が作られた。
・その歴史を踏まえることなく場当たり的に都区内に施設を増やすことでバランスがおかしくなっている。
・その結果西多摩地区の特養に空きベッドが増えている。
・これは社会資源の無駄遣いである。

地域包括ケアという考え方が現在のメインストリームですが、この考え方によると高齢者は居住しているエリアの中で老後を完結するということになります。そうなると、西多摩地区の高齢者施設の空きベッドは今後ますます増加していくことになります。

また、親の介護をするために仕事を辞めるという介護離職を減らすために施設を増設することは、とても分かりやすく有権者への訴求効果も大きいと思います。

しかし、これを併進路線でいくと東京の介護には今後さらに大きな矛盾と無駄使いが生じていきます。ここはひとつ「大東京」ということで区部の人が多摩地区の施設を利用するように行政が旗を振ってもらいたいと思いました。

IMG_7467.jpg



プロフィール

こもれびの郷

Author:こもれびの郷
特別養護老人ホーム こもれびの郷のブログです。施設での様子をお伝えします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR