人の話を聞く

仕事柄人の話を聞くことが多いのです。私の様な事務職でもそうであるので、ケアワーカーの皆さんは連日沢山の人(利用者さまや同僚職員など)とお話をしています。

福祉施設なので、認知症の方も沢山おられます。3階にお住まいのKさん(約100歳)は毎日不安があると「みんなどこいっっちゃたんだよ~。」とやわらかい声でおっしゃいます。

ある日、入社3年目の女性職員は、「どこ行っちゃったんでしょうかねえ。」ど受容の受け答えをします。

ある日、入社2年目の男性職員は、ベッドの横にしゃがんでフムフムとひたすら聞き役に徹します。

ある日、入社18年目の私は、「息子さんですか?お仕事じゃないですか?」とストレートに答えてみました。

認知症の方への対応として「対応する人が皆違うことを言っては相手は混乱する。」という鉄則がありますが、相手のお話をまず聞くという対応をとると、生み出される反応にはやはり個性による差異が生じてしまいます。大切なのは、まず受け止めて、そして返すということだと思います。

<写真はあきる野・午後5時30分の風景です>
IMG_7625.jpg
プロフィール

こもれびの郷

Author:こもれびの郷
特別養護老人ホーム こもれびの郷のブログです。施設での様子をお伝えします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR